News(お知らせ!)

Blog(ブログ!)

以下、アーティスト田野城寿男のブログになります。田野城寿男が提案する元気になる音楽教育。

Facebookページに「いいね!」してください(スタッフ)

いつも田野城を応援していただき、
ありがとうございます

Facebookページを活用し始めました

Facebookをご利用の皆様は ぜひ

『このページに「いいね!」』

のボタンをポチッと押してください

また

”枠にはまらない自由でオリジナルな音や音楽”

を追求している田野城や

そのコンセプトで皆さんにも愉しんで
楽器演奏や作曲編曲などを学んでいただく場

「田野城塾」を応援してくださる皆様は

『シェア』

も合わせて押してくださると
とても嬉しく思います

今後とも どうぞ宜しくお願いします

(スタッフより)

田野城塾 @ 「one & only」 編

160924one%26only.jpg

今月に入って「one & only 」と言うタイトルで

僕がピンッ!

と来た音楽の紹介をFB上で始めています ♬

商業的に成功したかどうかはまったく関係なく…

これぞオリジナル!

はまったく素晴らしいの一言につきます。

自分だけの世界を表現することは、
私達が生きて行く上でとても大切です。

何故ならこれぞ生きている証だから…

音楽をはじめ芸術には国籍、民族、宗教を飛び越え
私達を幸せに導いてくれる力があります。

新しい価値観を知るチャンスとなって、
少しだけでも新たな自分探しのお役に立てれば幸いです♪

お楽しみ下さい ♬

(スタッフ転載)

「one & only」#4

ギタリスト ビル フリゼル

ジャズはブルースから発展してきましたが…

彼はそうではなく
カントリーミュージックからジャズの世界へ!!

なんとものどかな?カントリー調の曲ですが
1分45秒からゾクゾクもの… ♬

(スタッフ転載)

【転載 『楽譜のいらない音楽授業』_ 第14回 ♪一期一会2_ vol.3 (最終話)♪】

肺炎でドクターストップを受けた田野城は
ニューヨークレコーディングを中断し、
音楽業界から暫く退いていた時期があります。

その間、自身の経験から強く音楽教育に関心を持ち、
さまざまな垣根のない教育実践を行ってきました。

その活動が10年目に入った頃、和多田 進さんから
お声をかけていただき、和多田さん編集長の地域ポータルサイト
『北海道人』にて初めてのメルマガ連載を担当させていただきました。(2007年3月)

「好きなことを自由に語っていい」ということで始まった
『 田野城寿男の「楽譜のいらない音楽授業」 』

演奏家に本格復帰を決意するまでの約1年6ヶ月続いた記事の中から
スタッフが選んだいくつかを皆さんとシェアしたいと思います。

型破りで破天荒な田野城の半生や、考え方が
読者の皆さんの清涼剤になれば幸いです。

では、一期一会2_ vol.3 をどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

160923%E4%B8%80%E6%9C%9F%E4%B8%80%E4%BC%9A2.jpg

【 ♪一期一会2 -プロゴルファー田野城- ♪ vol.3 (最終話) 】

姿勢やクラブの持ち方、そしてボールの打ち方など、
それこそ一から本格的なマンツーマンレッスンがコースで始まった。


「この人、一体何の仕事をしているのだろう?」


そう思いながらも、超初心者の私は、何の疑いも持たず純粋に、
彼の言う通りにラウンドを重ねていった。


こうしてレッスンも最終段階。
迎えるは、パーファイブのストレートコース。

私は彼のアドバイスをイメージし、
レッスンの集大成として思いっきりスィングした。


……驚いた。

飛んでいくボールを自分の目で全く見る事ができなかった。

決してバンカーや池に落ちたわけではない。
真っすぐ驚くほどはるか遠くまで飛んで行ったのだ。


それを眺めていた彼の目つきが変わった。


無事コースを終えると、彼は私に尋ねた。

「ボストンで何をしているんだい?」


当時、長髪で背が高く、
学校では“インディアン”と呼ばれていた私。


「バークリーに通って、サックスを学んでいます」


そう返事をすると彼は笑顔で、


「君の風貌からは、ジャズは想像つかないね」

と言いながら、自己紹介をし始めた。


彼は、レッスンプロゴルファーだった。

ロサンゼルスで後進の育成に力を入れ、
数々のプロゴルファーを育ててきたと言う。

レッスンプロをリタイアした現在、
悠々自適な暮らしをするために
故郷ボストンに戻ってきたそうだ。


「もう誰も育てるつもりはなかったが、
君の最後のショットを見て凄いパワーを感じた。
君とならもう一回、チャレンジしたくなった。
必ずプロゴルファーにさせる自信がある! 
ゴルフの最高峰に向かって一緒に僕とゴルフをやらないか。
全て僕が指導するから」

と彼は言った。


30年前、私の記憶によると、当時アメリカで活躍する
日本人ゴルファーは誰もいなかったと思う。

正直言って、スポーツ好きの私は、
彼の誘いに心が揺れたのを覚えている。


念のため付け加えるが、私の自慢話をしているのではない。

伝えたい事はただ一つ。

生きていれば、信じがたい出会いに巡り会う事がある…

という事。


人生は、まんざら捨てたものじゃないのだ。

 ー 一期一会2 終わり ー

(スタッフより)

「one & only」#3

レニー トリスターノ

この時代にあんな演奏を!!!

まさに時代の先駆者ですね ☆

ビックリ ♬

(スタッフ転載)

このブログの最新記事 田野城寿男の音楽教育

ブログ内検索
ブログ カテゴリー
現在、1086個の記事を掲載しています。
ブログ バックナンバー

myspace.com
MySpace:田野城寿男 »
↑ 楽曲視聴もできます。

音楽のことで悩んでいる人へ

ホ−ムペ−ジを開設してから、僕のもとに「アメリカに行きたい!」「留学したいのだがどうすれば良いでしょう・・・」「サックスを使って即興演奏をしたい!」など、数多くの熱いメッセージが届けられている。こういった意見が届くたび、かつて僕もあなた達と同じ時期、心に抱き漠然と悩んでいた事を懐かしく思う。

田野城寿男プロフィール

サックス・プレーヤー。1958年生まれ。78年、ボストンのバークリ−音楽大学入学。在学中、ニューヨークでデイブ・リーブマンにサックス、フルート、音楽理論を師事。・・・91年、「25周年記念 スイス・モントルー・ジャズフェスティバル」に出演。この年、特別プロデューサ−として迎えられたクインシー・ジョーンズは、田野城の音楽とオリジナリティを「おまえは誰にも似ていない」という言葉で認め、抜擢した。

Tano-ism(タノイズム)

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を超えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。

僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

田野城寿男が考える音楽教育

私は小学校から高校に至る迄、大の学校嫌いでした。
登校拒否に無断欠席は当たり前。もちろん、塾なんて行った事がありません。何故かというと、私にはどうしてもわからなかったからです。

携帯電話でもtanoshiro.com!

当サイトは、携帯電話でも閲覧することができるモバイル版をご用意しています。
電車での移動中や空き時間などで、アーティスト田野城寿男の世界、また、田野城が提案する音楽教育に是非触れてみて下さい!
モバイル版
http://www.tanoshiro.com/m/
モバイル版

このページのトップへ
サイトプロデュース:next global jungle