あなたは何故、何の為に生きているのですか?

「CLUE」(クルー)2001年11月26日号/(北海道アルバイト情報社発行)No.786「クルー・リレーエッセイ」より抜粋

自分自身を知りつくし、刺激的で感動のある人生が送れるかどうか・・・

あなたは何故、何の為に生きているのですか?

人生の成功者・・・と言えば何を想像するでしょうか。

例えば、誰もが羨む大豪邸に住み、最新のファッションで身を包んで高級車を乗り回し、海辺に別荘なんかも持っていて、ヨットでクルージングを楽しんだ後、自宅のプールサイドで紅茶を飲みながら、優雅な一時を過ごす。僕もこんな生活ができたらいいなーと思わず憧れてしまうほど、確かに凄い話ですよね。

でもちょっと待って。良く考えてみると、これらすべてはお金があれば、単純に実現できる話ではないでしょうか。

という事は、お金持ちになる=成功者とも言える訳ですよね。確かにお金をたくさん集めるのがすべてという人にとって、大金を手にする事は成功と言えるでしょう。しかし、それだけが、真の成功者と言えるのでしょうか。

今からちょうど10年前、僕はクインシー・ジョーンズに招聘され、スイス・モントルージャズフェスティバルに出演しました。湾岸戦争直後というタイミングで、アメリカからの出演者も多い為、欧州はテロを警戒し、異常な緊張感が漂う中、14日間に及ぶフェスティバルが開催されました。

そんな中、日本から参加した僕は、現地での湾岸戦争時における日本政府の対応に、非難を浴びる事が多かったのです。要は、『日本は、お金だけ出せばそれで良いと思っているのか?』という事でした。

実際、どの国よりも一番多く『お金』を資金として払ったにもかかわらず、西側諸国は日本の貢献を認めなかった。残念ながら、現在も世界における日本の貢献度の評価は低いですが、何故でしょうか。

学校嫌いで登校拒否だった僕にとって、かつて受けたアメリカでの音楽教育は、日本の社会に感じていた疑問点を、かなり解決してくれるものでした。大学には世界の国から、いろんな民族、いろんな宗教を持った生徒が集まり、まさにミニチュア国際社会そのものでした。

ユダヤ人で僕の大好きだった教授ジョー・アラッド氏が最初のレッスンの時、僕にこう言ったのです。『ヒサオの技術が聞きたいんじゃない、魂のこもった演奏が聞きたいんだ』『喜びや悲しみを素直に表現し、人の為に演奏しなさい』。この彼の言葉が僕の人生観を変えて行く事になるのです。

僕が考える真の成功者とは、“自分自身を知りつくし、刺激的で感動のある人生が送れるかどうか”だと思うんです。たとえお金があろうとなかろうと。


Tano-ism(タノイズム)記事一覧

Tano-ism トップページへ

News(お知らせ!)

Blogの最新記事

myspace.com
MySpace:田野城寿男 »
↑ 楽曲視聴もできます。

音楽のことで悩んでいる人へ

ホ−ムペ−ジを開設してから、僕のもとに「アメリカに行きたい!」「留学したいのだがどうすれば良いでしょう・・・」「サックスを使って即興演奏をしたい!」など、数多くの熱いメッセージが届けられている。こういった意見が届くたび、かつて僕もあなた達と同じ時期、心に抱き漠然と悩んでいた事を懐かしく思う。

田野城寿男プロフィール

サックス・プレーヤー。1958年生まれ。78年、ボストンのバークリ−音楽大学入学。在学中、ニューヨークでデイブ・リーブマンにサックス、フルート、音楽理論を師事。・・・91年、「25周年記念 スイス・モントルー・ジャズフェスティバル」に出演。この年、特別プロデューサ−として迎えられたクインシー・ジョーンズは、田野城の音楽とオリジナリティを「おまえは誰にも似ていない」という言葉で認め、抜擢した。

Tano-ism(タノイズム)

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を超えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。

僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

田野城寿男が考える音楽教育

私は小学校から高校に至る迄、大の学校嫌いでした。
登校拒否に無断欠席は当たり前。もちろん、塾なんて行った事がありません。何故かというと、私にはどうしてもわからなかったからです。

携帯電話でもtanoshiro.com!

当サイトは、携帯電話でも閲覧することができるモバイル版をご用意しています。
電車での移動中や空き時間などで、アーティスト田野城寿男の世界、また、田野城が提案する音楽教育に是非触れてみて下さい!
モバイル版
http://www.tanoshiro.com/m/
モバイル版

このページのトップへ