モバイル版


1151.ミサ曲、聖なる響き♪
(2006-11-17)[6]

1152.演奏家の目標とは?
(2006-11-16)[2]

1153.なんてったって豆ご飯!
(2006-11-14)

1154.初めての狩勝峠は、雪景色。
(2006-11-13)[2]

1155.貴重な体験・・・とも言えますね。
(2006-11-13)[2]

1156.タノラボ→ジュニアの練習日
(2006-11-12)[2]

1157.インターネットは時を越える
(2006-11-11)

1158.そうだね、アメリカで会いましょう!
(2006-11-08)[2]

1159.学校でのいじめが嫌です。何故、いじめがあるのだろう?(後編)
(2006-11-07)

1160.北欧の素晴らしいアーテイストSidsel Endresen
(2006-11-05)

116/117

次の10件
前の10件
最初の10件


【 メニュー 】

田野城寿男に興味を持たれた方はこちらのコンテンツもご覧下さい。


【Tano-ism (タノイズム)】

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を越えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。

だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

だからこそ、演奏の技術を伝える前に、そうした音楽の持つ意味や、素晴らしさを伝えていきたい。

音楽をすることの延長に、自分の生き方、社会との関わり方を考える道を据えてみたいと思っています。


当サイトは写真が豊富なパソコン版もございます。
パソコン版
※(パケット定額制かつPCサイト対応携帯電話でない方は、パソコン版のアドレスをパソコンにメールしてパソコンでご覧下さい。

© 2006~ 田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 all rights reserved.

サイトプロデュース by
next global jungle