田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 TOPへ戻る

【ライブ報告】ありがとう???札幌Surr? 「ならば最後に最新プロジェクトで華を添えようではないか?」[02.イベント結果報告]
(2018-05-29)


一昨日は

あと約1カ月でライブ営業終了となる

札幌Surr 最後の出演となりました???

<画像:180529_1.jpg>

札幌Zero-Gravity メンバー、
ライブにお越しいただいた皆様、
本当にありがとうございました???

そして札幌Surr 田中さん、約5年間お疲れ様???
?今まで大変お世話になりました?


私は田中さんと縁があって以来、
札幌はSurr を拠点に音楽活動をさせていただきました。

単なる箱貸しではなく、
札幌にフュージョンを広めていく…

と言う田中さんのイズムに賛同したからです。


また私が

札幌で他のライブハウス出演を

控えさせていただいた理由の1つとして、

ミュージシャンはライブハウスと共に成長していく…

と言う考えもあったからです。


とはいえ、

大のフュージョンギターファンである田中さんが、

僕のようなコンテンポラリー系のサックス奏者を

快く引き受けていただいたことに、

とても感謝しています。

改めて、ありがとうございました?


ならば最後に最新プロジェクトで華を添えようではないか???


今年3月札幌ミュージックラボ「男のひな祭り」@Surr 終了後、

ライブ営業終了と合わせて出演依頼の話がありました。

このとき、まだリハーサル途中だった

最新プロジェクト札幌Zero -Gravity での出演が脳裏をよぎります…


ライブ当夜は

4月半ばから5月半ばまで連なった

約4週間のロングサーキットの影響もあり、

肉体疲労もピークに達し、

かなり危ない状態でしたが、

とにかく華を添えよう♪

と持てる力すべてを出し切りました。


札幌Zero-Gravity メンバーも

熱く燃え盛る炎のごとく、

素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました ?


お越しいただいた皆様には、

一目瞭然だったと思います♪

皆んな、ありがとう???

<画像:180529_2.jpg>


ライブ終了後、

田中さんが「また一緒にやろう」

と言っていただいた言葉、忘れません。

その日が来るのを楽しみにしています☆

それまでお元気で????

(スタッフ転載)


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

【 メニュー 】

田野城寿男に興味を持たれた方はこちらのコンテンツもご覧下さい。


【Tano-ism (タノイズム)】

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を越えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。

だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

だからこそ、演奏の技術を伝える前に、そうした音楽の持つ意味や、素晴らしさを伝えていきたい。

音楽をすることの延長に、自分の生き方、社会との関わり方を考える道を据えてみたいと思っています。


当サイトは写真が豊富なパソコン版もございます。
パソコン版
※(パケット定額制かつPCサイト対応携帯電話でない方は、パソコン版のアドレスをパソコンにメールしてパソコンでご覧下さい。

© 2006~ 田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 all rights reserved.

サイトプロデュース by
next global jungle