田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 TOPへ戻る

サーキット5日目?[04.音楽教育]
(2018-05-12)


皆様、週末いかがお過ごしでしょうか???

名古屋は快晴???

これはもう夏ですね!暑い???

久々に上着を脱いで歩きました?

<画像:180512_1.jpg>

本日は午前中

田野城塾ジャズ理論@プロサックス奏者??

最近の若手ミュージシャンは
伝統的なジャズより
スムースやヒップホップ
クラブ系に興味があるみたいですね〜♪

ちなみに僕もそうですが…笑

クラブだろうがヒップホップだろうが
どんどん最先端の世界に飛び込んで
己の音楽人生を楽しんで欲しいです♪

<画像:180512_2.jpg>

そしてランチはBBQ???

クーラーの効いた店内で…

ハワイアンミュージックを聴きながら…

大好きなワイキキへ〜トリップ???

さて今日も残りわずか…

まだまだ愉しむぞ〜☆☆☆

(スタッフ転載)


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

【 メニュー 】

田野城寿男に興味を持たれた方はこちらのコンテンツもご覧下さい。


【Tano-ism (タノイズム)】

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を越えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。

だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

だからこそ、演奏の技術を伝える前に、そうした音楽の持つ意味や、素晴らしさを伝えていきたい。

音楽をすることの延長に、自分の生き方、社会との関わり方を考える道を据えてみたいと思っています。


当サイトは写真が豊富なパソコン版もございます。
パソコン版
※(パケット定額制かつPCサイト対応携帯電話でない方は、パソコン版のアドレスをパソコンにメールしてパソコンでご覧下さい。

© 2006~ 田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 all rights reserved.

サイトプロデュース by
next global jungle