田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 TOPへ戻る

ありがとう!楽しかった ?[02.イベント結果報告]
(2017-06-25)


皆さん、こんばんは!

ウィークエンド、いかがお過ごしでしょうか?

<画像:170625.jpg>

さて一昨日は生きているうちに一緒に音をだしておこう…

をテーマに?僕が横浜山下町に住んでいた頃の友人
ギタリスト植木君とライブ!

思えば彼と知り合ってからもう30年くらいかな…

でもこれまで一緒に演奏した回数は
片手にいくかいかないくらいしかありませんでした。

また会場には札幌ジュニアジャズ音楽監督時代の教え子
丸の内クロスオーバージャズオーケストラ音楽監督時代
一緒に演奏を楽しんだ仲間、
東京ミュージックラボ レギュラードラマー徳永君
そしてさかのぼること30年前、まだ僕が横浜に住んでいた頃の友人や
最近知り合った方々にも足を運んでいただき、
とてもハッピーな夜となりました!

そしてバンドメンバーの皆さん???

ハンコックと現代曲を彷彿させるプレイ!ピアノのヒロミさん。
温かい人柄で堅実なベースラインを披露!ベースのテリー伊藤さん。
スペインでのデュオバトルは燃えました!!
マルタバンドに在籍するドラムスのジーン重村さん。
飛び入りでブルースハープを披露?
盛り上げていただいた平松悟さん。

素晴らしい演奏をありがとう。

しっかり心に音を焼き付ける夜となりました ♪

ライブ終了後は美味しいお酒と昔話に華が咲き、

珍しく酔っ払いに…

植木君、またチャンスがあれば一緒にやろう?

(スタッフ転載)


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

【 メニュー 】

田野城寿男に興味を持たれた方はこちらのコンテンツもご覧下さい。


【Tano-ism (タノイズム)】

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を越えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。

だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

だからこそ、演奏の技術を伝える前に、そうした音楽の持つ意味や、素晴らしさを伝えていきたい。

音楽をすることの延長に、自分の生き方、社会との関わり方を考える道を据えてみたいと思っています。


当サイトは写真が豊富なパソコン版もございます。
パソコン版
※(パケット定額制かつPCサイト対応携帯電話でない方は、パソコン版のアドレスをパソコンにメールしてパソコンでご覧下さい。

© 2006~ 田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 all rights reserved.

サイトプロデュース by
next global jungle