田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 TOPへ戻る

“ 音霊に祈りを込めた夜 ”[02.イベント結果報告]
(2017-04-20)


2017年4月1日 / 公園通りクラッシックス
田野城寿男&照内央晴デュオ
(東京トライアングルから急遽変更)

静寂、祈り、調和、安らぎ…
そして内なるエネルギーの爆発 ♪

これは楽譜の存在しないオペラ…?
それとも台本の無いお芝居なのだろうか?

ピアノとサックスの奏でる音が会場に響き渡り
時空を超えた摩訶不思議な空間が生まれては消えていく…

お互いの阿吽の呼吸だけでストーリーを展開 ?
これぞまさしく完全即興の醍醐味??

僕はサックスを奏でながら、
己の内なる世界を、
過去から未来まで旅していました ♪

天才と呼ばれるピアニスト照内央晴。
彼は5歳からクラッシックをはじめるも
ジャズとはまったく無縁のピアニスト。

フリージャズと全然アプローチが違います。
では何故かれが天才と呼ばれているのか…
聴けば誰でも一目瞭然!

実に美しい宇宙の響きを知っている、
苦悩と希望が交差するピアニストだからです。

この日はまだ2回目のライブにもかかわらず、
映像収録も入りました。

次回は更にグレードアップして、
あなたを癒しの世界へお連れしたいと思います。

東京トライアングルに乞うご期待!

撮影、収録していただいた下茂さん、前川さん、
Komodaさんをはじめ、お越しいただいた皆様、
ありがとうございました?

(Facebookより転載 スタッフ)


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

【 メニュー 】

田野城寿男に興味を持たれた方はこちらのコンテンツもご覧下さい。


【Tano-ism (タノイズム)】

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を越えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。

だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

だからこそ、演奏の技術を伝える前に、そうした音楽の持つ意味や、素晴らしさを伝えていきたい。

音楽をすることの延長に、自分の生き方、社会との関わり方を考える道を据えてみたいと思っています。


当サイトは写真が豊富なパソコン版もございます。
パソコン版
※(パケット定額制かつPCサイト対応携帯電話でない方は、パソコン版のアドレスをパソコンにメールしてパソコンでご覧下さい。

© 2006~ 田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 all rights reserved.

サイトプロデュース by
next global jungle