田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 TOPへ戻る

Tanos Cafe@札幌「一人ひとりが主人公」[03.Tano-ism]
(2017-03-12)


<画像:170312_1.jpg>

一杯のお茶を飲みながらトークを楽しむ♪

音楽を通して友人が増える!

しかも年齢、性別、仕事、役職にはまったく関係なく?

素敵です〜☆

今夜はなんとジャズギタリスト ジョン スコフィールド大ファンの方でした!!

お〜札幌にもいたのですね〜!!

ジョン スコフィールドとは学生時代、
今は無きブレッカーブラザーズが経営したクラブ
「NY 7th アベニュー サウス」で
話をさせていただきました!?

大好きなギタリストだっただけに超感激したものです笑

<画像:170312_3.jpg>

さて今夜のTanos Cafeの内容は…

音楽談義はもちろん、
教育、文化、宗教、
はたまた田野城推薦の映画などなど、
美味しいハーブティーを飲みながらのトークとなりました♪

皆さん一人一人が人生劇場の主人公ですから、
色んな道を歩いていて、とても面白いです♪

そうそう、ちなみに私のオススメの映画は…

『ドゥ・ザ・ライト・シング』

1989年 スパイク・リー監督・製作・脚本・主演。

ブルックリンを舞台に人種差別を扱った社会派作品です。

かなり核心を突いた作品ですよ ♪

お時間のある方は是非ご覧になって下さい。

<画像:170312_2.jpg>

と言うわけで、今夜も楽しい60分を過ごさせていただきました☆

ありがとう!!

最後に、お茶を飲みながら私、田野城とお話しをしてみませんか?

今まで知らなかった、あっと驚く話が聞けるかもしれませんよ ?

興味のある方は、お気軽に連絡下さい?

お待ちしています!!

(スタッフ掲載)

Tania's Cafeお申し込みはこちら


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る

【 メニュー 】

田野城寿男に興味を持たれた方はこちらのコンテンツもご覧下さい。


【Tano-ism (タノイズム)】

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を越えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。

だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

だからこそ、演奏の技術を伝える前に、そうした音楽の持つ意味や、素晴らしさを伝えていきたい。

音楽をすることの延長に、自分の生き方、社会との関わり方を考える道を据えてみたいと思っています。


当サイトは写真が豊富なパソコン版もございます。
パソコン版
※(パケット定額制かつPCサイト対応携帯電話でない方は、パソコン版のアドレスをパソコンにメールしてパソコンでご覧下さい。

© 2006~ 田野城寿男が提案する元気になる音楽教育 all rights reserved.

サイトプロデュース by
next global jungle