News(お知らせ!)

Blog(ブログ!)

Tanos Cafe@札幌 「人は何故生きるのか」

170305_1.jpg

若きロックキーボーディストが
日本の伝統、文化、芸術、教育、
そして明るい未来を熱く語る ♬

久しぶりにマジで日本の未来を語る
青年が僕の前にあらわれ、
魂、イズムに火をつけてくれました。

まだまだ世の中捨てたものじゃないです♬

今のこの時代を冷静に分析してみる…

メディアや力に流され彷徨うのではなく、
失われた(閉ざされた)日本人の心を
どう取り戻せば良いのか?

その為には何をどうすれば良いのか?

それを必死で模索するロッカー!

ちなみに僕はナショナリストではありませんよ。

170305_2.jpg

社会をよ〜く見渡すと、裏には
搾取する側とされる側の構図が見えてきます。

「常識」といわれるものには
かなりの偽りがあることに気づくでしょう。

自然的、宇宙的視野で眺めてみると
歪さや限界を感じます。

子供達の問題も子供達に問題があるのではないのです。

残念ながら今の日本の教育からは
それらを読み取るのは、
かなり難しくなっていますが…

それは何故でしょうか…⁈


僕は幼い頃に、父親と死別してます。
広島の原爆ドームで育ったことも重なり、
「人は何故生きるのか」を考え続けてきました。

そして私は大学で音楽を通して
考え方、哲学を学びました。

「生きる」と「音楽をする」は同じです。

「愛」そのものだからです。

その後帰国して、
演奏家としてはもちろんですが、
教育現場の学園長としての経験や、
行政機関と音楽教育の仕事をすることで、
より多くの盲点を知ることとなったのです。

しかし一人一人が意識改革をしていけば、
社会を変える力があることも知っています。

そのためには
疑問をうやむやにしたり他人任せにせず
少しの勇気を持って真理を探しだす努力を続けていくこと。

すると同じような志しを持った、
かけがえのない仲間と巡り会うでしょう。

170305_3.jpg

その小さな第一歩として、僕は
田野城塾」や「Tanos Cafe」で
全国行脚を続けています。

どうしたらいいのか
悩むことはありません

自分の心を見つめて気づき
そして前に進めばいいのです

皆んなでハッピーな人生(社会)に変えていきましょう。

(スタッフ転載)

このブログの最新記事

ブログ内検索
ブログ カテゴリー
現在、1136個の記事を掲載しています。
ブログ バックナンバー

myspace.com
MySpace:田野城寿男 »
↑ 楽曲視聴もできます。

音楽のことで悩んでいる人へ

ホ−ムペ−ジを開設してから、僕のもとに「アメリカに行きたい!」「留学したいのだがどうすれば良いでしょう・・・」「サックスを使って即興演奏をしたい!」など、数多くの熱いメッセージが届けられている。こういった意見が届くたび、かつて僕もあなた達と同じ時期、心に抱き漠然と悩んでいた事を懐かしく思う。

田野城寿男プロフィール

サックス・プレーヤー。1958年生まれ。78年、ボストンのバークリ−音楽大学入学。在学中、ニューヨークでデイブ・リーブマンにサックス、フルート、音楽理論を師事。・・・91年、「25周年記念 スイス・モントルー・ジャズフェスティバル」に出演。この年、特別プロデューサ−として迎えられたクインシー・ジョーンズは、田野城の音楽とオリジナリティを「おまえは誰にも似ていない」という言葉で認め、抜擢した。

Tano-ism(タノイズム)

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を超えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。

僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

田野城寿男が考える音楽教育

私は小学校から高校に至る迄、大の学校嫌いでした。
登校拒否に無断欠席は当たり前。もちろん、塾なんて行った事がありません。何故かというと、私にはどうしてもわからなかったからです。

携帯電話でもtanoshiro.com!

当サイトは、携帯電話でも閲覧することができるモバイル版をご用意しています。
電車での移動中や空き時間などで、アーティスト田野城寿男の世界、また、田野城が提案する音楽教育に是非触れてみて下さい!
モバイル版
http://www.tanoshiro.com/m/
モバイル版

このページのトップへ
サイトプロデュース:next global jungle