News(お知らせ!)

Blog(ブログ!)

不思議な夢

100809.jpg

あれからもう30年が過ぎただろうか!?
先日、赤松次郎さんの夢をみた。

驚いた!

なぜなら、この30年間一度もお会いせず、
突然僕の夢に登場したのだから。

夢は唐突にはじまった…


赤松さんがテナーサックスを持ってあらわれ
僕が経験したアメリカの音楽大学での授業や
師匠であるデイブ・リーブマンのレッスンについて
一緒に話しをした。

音楽教育界の第一人者としてのオーラを放ち、
僕の話しをとっても興味深く聴いてくださった。

とっても楽しかった。

赤松さんは僕が20歳の時、お世話になった方だ。

当時大阪音楽大学の教授をされていたと思いますが
現在は同大学の学園長をされていると人づてに知りました。

サックス初心者だった僕に
何度かアドバイスをしてくださった。

大阪音楽大学OB生の話しによれば、
日本の大学で一番早くジャズ科
を創設したのが赤松さんだという。

当時僕は、赤松さんの黄色いスポーツタイプの
カッコいいホンダ・シビックに
乗せていただいた事を良く覚えている。

残念ながらあれ以来、お会いしていないが。

それにしても、30年振りに突然
僕の夢に登場されるとは…。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

「お名前」と「メールアドレス」は必須項目になりますが、メールアドレスはサイト上では公開されません。

コメント (2)

旧知の方の夢
 
きっと、田野城さんがご自身の原点を改めて強く意識されているからなんじゃないでしょうか?
 
 
恩師の影響。
 
私自身、先日に打楽器を始めるきっかけになった方と久し振り(20年ぶり?)の再会を果たしました。
とある学校の教諭をされているのですが、『いつでもいいから、突然でもいいから、遊びに来てください。』とのお言葉。
 
その方はとの出会いが無かったら、今の私はありません。
まだ約束を果たせていませんが、収穫が本格的に始まる前。雨の日にでも行って来ようと思っています。
 

肉じゃがさん
会えるうちに、
是非会ってください。

このブログの最新記事

ブログ内検索
ブログ カテゴリー
現在、705個の記事を掲載しています。
ブログ 最近のコメント

タノラボ→ジュニアの練習日
└ YOSHIE [2006.11.12]
└ tanoshiro [2006.11.13]
└ bluetooth headphones [2013.10.17]

田野城塾では
└ best bluetooth headphones [2013.10.17]

これから先のこと-2(想定外ではない 原発問題)
└ 久保俊哉 [2011.04.01]
└ bluetooth headphones [2013.10.17]

池袋マイルスカフェ
└ best bluetooth headphones [2013.10.17]

TanoLabo→Mix札幌
└ kiwifruit [2007.07.23]
└ tanoshiro [2007.07.27]
└ まりママ [2007.08.08]
└ tanoshiro [2007.08.21]
└ bluetooth headphones [2013.10.17]

動画UP !横浜セッションライブ2
└ bluetooth headphones [2013.10.17]

正しいギックリ腰の過ごし方♪
└ ゆきよ [2008.10.05]
└ tanoshiro [2008.10.10]
└ http://www.bluetoothheadphonesreviewer.com/ [2013.10.17]

クリスマスコンサート『教会音楽の伝統と今』
└ kaiyou [2006.12.03]
└ tanoshiro [2006.12.04]
└ kaiyou [2006.12.04]
└ tanoshiro [2006.12.08]
└ bluetooth headphones [2013.10.17]

おぉ〜中学校吹奏楽部もジャズでアドリブ♪
└ 松浦 [2008.12.17]
└ tanoshiro [2008.12.18]
└ bluetooth headphones [2013.10.17]

富士山
└ bluetooth headphones [2013.10.17]

ブログ バックナンバー

myspace.com
MySpace:田野城寿男 »
↑ 楽曲視聴もできます。

音楽のことで悩んでいる人へ

ホ−ムペ−ジを開設してから、僕のもとに「アメリカに行きたい!」「留学したいのだがどうすれば良いでしょう・・・」「サックスを使って即興演奏をしたい!」など、数多くの熱いメッセージが届けられている。こういった意見が届くたび、かつて僕もあなた達と同じ時期、心に抱き漠然と悩んでいた事を懐かしく思う。

田野城寿男プロフィール

サックス・プレーヤー。1958年生まれ。78年、ボストンのバークリ−音楽大学入学。在学中、ニューヨークでデイブ・リーブマンにサックス、フルート、音楽理論を師事。・・・91年、「25周年記念 スイス・モントルー・ジャズフェスティバル」に出演。この年、特別プロデューサ−として迎えられたクインシー・ジョーンズは、田野城の音楽とオリジナリティを「おまえは誰にも似ていない」という言葉で認め、抜擢した。

Tano-ism(タノイズム)

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を超えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。

僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

田野城寿男が考える音楽教育

私は小学校から高校に至る迄、大の学校嫌いでした。
登校拒否に無断欠席は当たり前。もちろん、塾なんて行った事がありません。何故かというと、私にはどうしてもわからなかったからです。

携帯電話でもtanoshiro.com!

当サイトは、携帯電話でも閲覧することができるモバイル版をご用意しています。
電車での移動中や空き時間などで、アーティスト田野城寿男の世界、また、田野城が提案する音楽教育に是非触れてみて下さい!
モバイル版
http://www.tanoshiro.com/m/
モバイル版

このページのトップへ
サイトプロデュース:next global jungle