News(お知らせ!)

Blog(ブログ!)

あぁ、ボストンレッドソックス…。

明け方まで資料の準備をしていた僕だったが、
大好きなボストンレッドソックスを応援する為に
早起きをしたにもかかわらず……なんてこった。

負けちゃいました。残念!!
明後日は必ずやってくれる。
でも、クリーブランドインディアンズは
やっぱり強いね。

今日は、12月8日に予定している、
藤女子大学クリスマスコンサート
に向けてのリハーサルを教会で行ってきました。

グレゴリアンやバッハが教会音楽のために書かれた名曲
も準備していますが、なんといっても今回の目玉はやはり、
ジャン・アラン(Jehan Alain)でしょう。
彼は第二次世界大戦によって亡くなった、フランス人近代作曲家。

彼の曲を演奏していると、
1970年代のキース・ジャレットや
ヤン・ガバレックを感じます。

実際、演奏してみると難しい……。
難しいからこそ、気分が高揚してきます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

「お名前」と「メールアドレス」は必須項目になりますが、メールアドレスはサイト上では公開されません。

コメント (4)

アランの「リタニー」という曲が大好きです。

気分の高揚。
未知なるものへの期待。
自分への挑戦状。


私も今ちょっぴりそんな気分を味わっています。
年を取ってるひまなどありませんね。
(取ってるけど…)

クリスマスコンサート、とても楽しみです!教会の音楽好きです。心がウオッシュ!って感じ。

姫さん
ほぉ〜、そうですか。
一度調べてみましょう。


YOSHIE さん
そう、死んでる暇はありません。

マキロンさん
楽しみにしていてください!!

このブログの最新記事

ブログ内検索
ブログ カテゴリー
現在、705個の記事を掲載しています。
ブログ バックナンバー

myspace.com
MySpace:田野城寿男 »
↑ 楽曲視聴もできます。

音楽のことで悩んでいる人へ

ホ−ムペ−ジを開設してから、僕のもとに「アメリカに行きたい!」「留学したいのだがどうすれば良いでしょう・・・」「サックスを使って即興演奏をしたい!」など、数多くの熱いメッセージが届けられている。こういった意見が届くたび、かつて僕もあなた達と同じ時期、心に抱き漠然と悩んでいた事を懐かしく思う。

田野城寿男プロフィール

サックス・プレーヤー。1958年生まれ。78年、ボストンのバークリ−音楽大学入学。在学中、ニューヨークでデイブ・リーブマンにサックス、フルート、音楽理論を師事。・・・91年、「25周年記念 スイス・モントルー・ジャズフェスティバル」に出演。この年、特別プロデューサ−として迎えられたクインシー・ジョーンズは、田野城の音楽とオリジナリティを「おまえは誰にも似ていない」という言葉で認め、抜擢した。

Tano-ism(タノイズム)

世界共通の言語である音楽は、国や民族、宗教の違い等を超えて、人の心を豊かにしたり、幸福にする力を持っています。だから音楽をする人間は地域や社会に貢献できるし、貢献していくべきなのです。

僕の言葉では、音楽は、人が人を想う「愛」だということになります。

田野城寿男が考える音楽教育

私は小学校から高校に至る迄、大の学校嫌いでした。
登校拒否に無断欠席は当たり前。もちろん、塾なんて行った事がありません。何故かというと、私にはどうしてもわからなかったからです。

携帯電話でもtanoshiro.com!

当サイトは、携帯電話でも閲覧することができるモバイル版をご用意しています。
電車での移動中や空き時間などで、アーティスト田野城寿男の世界、また、田野城が提案する音楽教育に是非触れてみて下さい!
モバイル版
http://www.tanoshiro.com/m/
モバイル版

このページのトップへ
サイトプロデュース:next global jungle